禁煙に挑戦してもタバコが吸えないことのストレスがつらすぎて何度も失敗してしまっていませんか。
禁煙が上手くいかないことの最大の問題はこの禁断症状の重さにあります。
タバコに含まれているニコチンという成分には強い中毒性があるため、禁煙で急に全くタバコを吸わない状態になると不安感やイライラといった症状が強く出てしまいついタバコを吸ってしまいます。

このつらい禁断症状を和らげて禁煙を成功に導いてくれるのが禁煙補助薬のニコレットです。
ニコレットは全国のドラッグストアや薬局で販売されている指定第2類医薬品なので、近くのお店で手軽に購入することができます。

ニコレットでの禁煙はニコチン置換療法という方法になります。
これは、体内のニコチンが欠乏してイライラなどの辛い症状が出たときに起こす「タバコを吸う」という行為を「ニコレットを噛む」という行為に置き換える方法です。

ニコレットにも少量のニコチンが含まれており、ガムを噛むことでニコチンを取り込むことになります。
しかし、タバコを吸うと一気にニコチンが体内に取り込まれるのに対してニコチン置換療法ではニコチンの吸収速度が穏やかになります。
そしてニコチンを少量取り込むことによってイライラや不安といった症状を軽減して日常生活に深刻な支障が出ることを防ぐ効果があります。

ニコレットはタバコを吸いたいという衝動が出た時に適時使用するという方法になるので、吸いたいと思った時にすぐに手に取ることができるよう必ず鞄やポケットに常に入れておくようにしましょう。
ニコレットよりも先にタバコに手が届いてしまうようでは意味がありません。

禁煙には時間がかかるため、まずは1週間を乗り越えることが目標になります。
禁煙で一番つらいのは最初の1週間だと言われています。ここを乗り越えることが禁煙への大きな一歩となります。
そこから徐々に使用するニコレットの数を減らすことでニコチン、即ちタバコから距離を置いていき禁煙を成功させましょう。

ニコレットの正しい噛み方を紹介

ニコレットはガムですが、普通のチューインガムや眠気覚ましのガムのように好きな方法で好きな分噛んで良いものではありません。
ガムの形はしていますが「禁煙補助薬」という立派な薬の一種なので使用方法には決まりがあります。
ニコレットを正しい噛み方で正しい効果が得られるようにしましょう。

まず、ニコレットは「ゆっくり噛む」ことが大切です。
ピリッとした味を感じるまでゆっくりと15回程度噛みます。
始めは味を強く感じることがあるので、その時は舐めたり噛んだりして回数を減らします。
ニコチンは口内の粘膜から吸収されますが、速く噛むと多くの唾液が出てニコチンが唾液と一緒に飲みこまれてしまいます。
そうすると粘膜から吸収される量が減って効果が低下する上に、ニコチンを飲みこんだことで吐き気や胸やけ、胃の不快感などの副作用が引き起こされる原因になります。

15回ほどガムをゆっくり噛んだ後、頬と歯茎の間にしばらく置いておきます。
口の中から味がなくなるまで1分以上そのままにしておき、完全に味がなくなったらまたガムをゆっくりと噛み始めます。
これを30分~60分繰り返してから紙などに包んで捨てて下さい。

この正しい噛み方に対して歯周病や虫歯になりやすいといった副作用や歯が黄色くなるのではといった不安の声がありますが、これは全く必要のない心配になります。

まず歯が黄色くなるのはヤニの所為ですが、歯にヤニとして付着するのはニコチンではなくタールです。
ニコレットにタールは含まれていないため、ニコレットの所為で歯が黄色くなることはありません。

次に虫歯についてですが、ガムを噛んで唾液を出すという方法は口腔衛生上に良いことです。
唾液は口腔内を洗浄する効果があるため歯周病が悪化したり虫歯になったりする心配はありません。